プレイマナー
 
サーバに入るときは全員に対して、「よろしく」などの挨拶をひとことしてから遊ぼう。

チャットでの暴言や中傷は行わないこと。

卑俗・卑猥な表現をチャットで話したり、プレイヤーネームに卑猥な名前を付けないこと。
キャンプ行為(物陰に隠れたり、一箇所に留まって作戦行動をしない)は傭兵戦ではマナー違反である(下の画像参照)。
爆弾設置後の守備(CSF)や落ちた爆弾の監視(NEO)などは作戦の一部でありキャンプ行為ではない。
ただし、傭兵戦モードの早い段階で最後の1人vs1人になった場合には、戦局が膠着状態になり、他のプレイヤーが待つことになるので、できるだけ積極的に動いてラウンドの決着をつけた方が望ましい。CSFなら設置、NEOなら索敵・殲滅を目指そう。
なお、部隊戦の場合は、時間切れでNEOが勝利を取る作戦も重要なので、この限りではない。
   
 
 

キャンプ行為の例(1)

キャンプ行為の例(2)
 
自分が爆弾を持っている場合は必ず爆弾を設置に向かうこと。

FB(閃光弾)は味方が前にいる場合は、味方の視野もうばってしまうため使用しないようにする。

傭兵戦をプレイ中に他の人の画面を覗き見たり、観戦モードのプレイヤーが声でプレイ中のプレイヤーに情報を伝えるのは基本的にマナー違反。
観戦中は敵味方関係なく、進行中のプレイ情報に関係する発言はしないように心がけよう。
傭兵戦でナイフバトルを強要したり、店舗専用のような使用法をしないようにしよう。(特殊ルールや仲間内だけで遊びたい場合はトレーニングモードを活用しよう)
オーバーキル(ダウンした相手に対して、意図的に発砲すること)は、マナー違反。
それよりも味方の応援に行ったり、突破口を開いたりして作戦行動しよう。
うまいプレイヤー、チームワークの良いプレイヤー、最後に残ってチームを勝利に導いたプレイヤーには積極的にGJ(グッドジョブ)を出して褒めるべし。
 
COUNTER STRIKE NEO