マップのオーバービューと解説
 
緑枠:CSFスタート地点 青枠:NEOスタート地点 赤枠:主な交戦ポイント

【解説】
大型のマップで、Aポイント側は道幅が広く、ラッシュや、スナイパーライフルが有効となる。
Bポイントの入り口は狭いため、まとまって突入する事が重要。
■交戦ポイント−1
通路が広いため、両軍とも大人数でのラッシュが有効。
ラッシュしない場合は、ロングレンジでの撃ち合いになるので、NEO側はスナイパーライフルが有効。
逆にCSFはスモークグレネードなどで視界を塞ぎながら距離を詰めるといった工夫が必要。
■交戦ポイント−2
このポイントを制圧することで、A、Bどちらの設置ポイントにも展開できるようになる。
両軍にとって戦況を左右する重要なポイント。
■交戦ポイント−3
CSFにとっては、実質的に1箇所しか入り口がないため、まとまって一気に突入する事が重要。
NEOは入り口を守るか、C4爆弾を設置させた後攻めるか、どちらかの方針にした方がよいだろう。

■ 主な交戦ポイント(CSF側)   ■ 主な交戦ポイント(NEO側)
 
 
マップ一覧
COUNTER STRIKE NEO